徒然澄義

オタクがその時ハマっていたものや考えていたことの記録です。

T_FILE_003

ないしょのミッションは〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜神!!!!!!!!!!!!!!

f:id:kandarigat:20181231091314j:image

 

おはようございます。

澄義です。

27日にないしょのミッション2巻が発売され、29日にゴルジェネの単行本が発売されました。

そのほかにもリリフレ新情報が解禁されたり盛り上がってるので3月までこの盛り上がりを保っていきたいところ。

 

ここ数日オタクの方々とトークする機会があったんですが、リリフレでやって欲しい話が無限にあるので本当に楽しみだねって話をしました。期待が高まる。

 

ないしょのミッションは上述の通り神なんですが、ゴルジェネもさっき読み終わったところ神だったので神様を信じている方は買って読んでみてください。感想はまとまったら書きます。

 

当たり前なんですけども現ツキカゲ師匠組(雪初芽命)が更に好きになると同時に、アニメでは掘り下げの浅かった先代ツキカゲ(長穂信様カトリーナ)がどういう人物だったのか+当時の師弟関係がどのようなものだったのかが描かれているので彼女達が好きな人は買って損しないと思います。是非。

 

RELEASE THE SPYCE GOLDEN GENESIS https://www.amazon.co.jp/dp/4049122286/ref=cm_sw_r_cp_api_B0WjCbB9E22K0

 

ラジオも終わらないし、3月まではなんとか生きていけそうです。

 

短いですが本日はここまでにします。
f:id:kandarigat:20181231091319j:image

みなさま良いお年を。

 

 

 

T_FILE_002

f:id:kandarigat:20181224160014j:plain

このブログにはテレビアニメ

「RELEASE THE SPYCE」(以下リリスパ)

11話.12話のネタバレが含まれます。

未視聴の方はブラウザバックをお勧めします。

おはようございます。

澄義です。

以下ネタバレあります。

12月24日、クリスマスイヴですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

僕はリリスパBlu-ray1巻の特典お渡し会&ジャケットサイン会(藤田 茜さん)に参加してきました。

ここまでハマったアニメ+好きなキャラの声優さんが円盤にサイン+完結後=無敵

伝えたいことは沢山あったけど、完結おめでとうの気持ちと命と楓が最後隣に立っていることができて本当に良かったという気持ちを伝えてきました。

イベントの感想はこの程度にして、今朝まで書いてたブログの続きとして11.12話の感想をブログに置いていきたいと思います。

11話「ゲッカコウ作戦」

ゆ"き"せ"ん"は"い"よ"か"っ"た"

弟子チーム(モモ 楓 五恵)の成長がこれでもかというくらいに描写されていて優勝しちゃたぁ

五恵ちゃん、命に初さんはお亡くなり〜って言われても首振ってるし、そんな辛い中屋上のシーンではモモのことを優しく抱きしめるし、テレジアと対決してる時も師匠が死んだなんて信じない!って言い放った挙句テレジアも許すし精神的に強過ぎる。

正直序盤だとよくいがちな内向的で溜め込んじゃうタイプの子かなくらいの認識しかなかったんですけど、11話で強さと優しさをとんでもないくらい発揮してました。

7話と8話でも個性出てきたなーと思っていたんですが11話で相当好感度上がりました。好き。

モモに関しては師匠から教わったことをちゃんと覚えていて、回想シーンを挟んで目に光が戻るんですけどまあ〜〜〜〜好き。

屋上のシーンでは辛さを吐き出したりしましたが、その中にも師匠の教えをしっかりと受け継いでいる描写があって逆に楓を立ち直らせるという強さ。師弟間だけではなく弟子たちの間にも絆は生まれていたんだなーと感じました。

楓、バカ師匠呼び、それ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!

師匠が生きてるって判明してるけどモウリョウ側にいるし精神的に辛いのは楓も一緒だと思います。

屋上のシーンではモモと五恵に対して「アンタたちこそよく平気ね」って言い放つんですが、2人は師匠が生死不明で自分より辛いはずなのに…っていう優しさから出たセリフなのかなと思ってます。

屋上の話を連発してしまって申し訳ないんですが、あのシーンはそれくらいいいシーンだと思うので許してください。

10話でありえないくらい落ち込んだ後にだんだん希望の光が差し込んできた…って状況だったので、見終わった後は間違いなくテンションがおかしいことになってました。

その週の金曜日には11.12話の先行上映会も控えていたのですが、11話でいい感じに鼓舞されて備えることができたので良かったです。

12話「ツキカゲは永遠に」

ツキカゲは永遠に。

五恵ちゃんのクラっとするよ!のシーンはさすが横綱といった感じでしたね。

ピリッとするよ!も好きですけどクラっとするよ!も好きです。

?「モモ!よく吠えた!」すき

?「さあ!鬱憤を晴らすわよ!」すき

OP流れた瞬間に声出しそうになりました。

左の人声出してたけど気持ちはわかる。

初芽の生存に対して五恵ちゃんが「ずっと信じてました」って言うんですけど、本当にこの子ずっと信じてるんですよね。強い子だなと思いました。

楓が命に通信いれてたらしこんだってなんですか!!って言ってた時スパイス切れてたみたいだけどあれは単純に時間切れなのか動揺すると切れたりするのか気になりますね。

命の懇切丁寧な解説中にゲッカコウ再起動する天道さんの容赦なさ、ラスボスっぽくていいと思います。

屋上の決戦シーンは1話で自信なさげに描かれていたモモが師匠のセリフに全てします系で答えていて、尚且つ先手必勝という長穂→雪→モモで受け継いできたものもしっかりと描かれていて9話〜〜〜〜〜〜〜!!!

父親の死の真相を知っているという文鳥の女の言葉にも動揺せず、ついにはモモ一人で文鳥の女を倒し、落ちていく大玉花火にリップ型爆弾を投げつけて底で起爆、これにてツキカゲ大勝利!でAパート終了。

上を取る→目を見開く→一刀の流れね、それ。

Bパートはその後の師弟たちみたいな感じなんですが、

カトリーナ初芽五恵はテレジアと白虎を迎え入れてカフェテラスとなったwasabiで親睦会?退院祝い?を開催してて、初芽とテレジアが本当に友達になれたのを見てめっちゃ優しい笑顔をしてる五恵ちゃん。好き。

命と楓、言葉はいらない。

(寂しくてギター触っちゃってる楓ありえないくらい可愛いし命は命で10話で言ったいつだってメイは〜を二人の家で再度言うしもう師匠ってば可愛いし楓の手料理が食べたいしはーいだし幸せリリスパライフをありがとう)

雪とモモ

心はきっと

次回は9〜12話以外の感想でも書いて行こうと思います。

ではまた。

P.S.藤田さんに澄義くんって呼ばれて心臓止まりました。

T_FILE_001

このブログにはテレビアニメ

「RELEASE THE SPYCE」(以下リリスパ)

9話.10話のネタバレが含まれます。

未視聴の方はブラウザバックをお勧めします。

初めまして。

澄義(すみよし)です。

今回は、気付いたらどハマりしていたテレビアニメ「リリスパ」を見終わったので、一旦の総括という意味でブログを書きました。

結果から書きますと、この3ヶ月間とても楽しかったです。

もともとリリスパ自体友人に勧められて視聴を始めたのですが、正直3話まではテンポが良くてキャラが可愛いアニメだな〜くらいの認識でした。

テンポが良いっていうのはアニメの要素として重要だと思っていて、僕はそれだけでとりあえず見るかという気分になるのでそういう点ではとても良かったと思います。

この子かわいいな〜ってキャラもいて、OPもEDも曲調としては違うけどどちらも好きなタイプの曲で、そういうところも見続ける理由としてあったと思います。

問題の4話なんですけどここでは書かないのでもし仮にリリスパ見てないけどこのブログを読んで気になったって人はここで一旦ブログを読むのをやめて4話を見てください。お願いします。頼む。何も言わずに。連絡待ってるからな。

4話を見てからは自分の中でこのアニメ、ひいてはこのキャラクターたちの迎える結末は見届けるって意識が生まれたので、1話1話しっかり見て行きました。

話は進んで先ほど12月24日になる寸前、全12話の放送が終了してリリスパはひとまず完結という形になりました。

9.10話以外のの感想とかも書きたいんですけど、今これを書いてる夜中の1時半ありえないくらい眠いのでひとまず9.10話の感想と考えていたことだけ書き留めたいと思います。

以下大幅なネタバレ有

9話 「ディスティニー・サークル」

本作の主人公である源 モモの師匠、半蔵門 雪がツキカゲに入り、弟子となった時代のお話。タイトルさぁ

ここを見ている人は話の内容とか解説いらないと思うので、感想だけ垂れ流していきます。

まずタイトル、9話を見終わった後にこのサークルがもし長穂、雪、モモの輪だとしたらめっちゃ不穏だな…と感じていました。10話の予告が不穏すぎたのもあって尚更…。

モモの「出かけるって…今か…ら…?」(朝5時半)の時の顔めっちゃ可愛いと思います。

師匠といればどこだって楽しいですよ!(1HIT)

頬の米粒取ってサラッと食べる雪先輩(2HIT)

観覧車2人で自撮り、恋人か?(3HIT)(足パタパタで死体蹴り)

あと風の塔で長穂が切られるのを見ている時の雪と

沖縄でハブの人に切られてる(ように見える)のを階段下から見ている雪の構図が殆ど同じで、そりゃ8話であんだけ取り乱すわな…って勝手に納得してました。

長穂と雪のお話は出会いから師弟の絆が築かれて行く過程、そして別れの理由までお話ししてくれて、とても30分とは思えないくらいの濃密度でした。結末は悲しいけど。

雪が長穂から受け継いだものが、この話でまたモモに受け継がれたのがわかる、そんなお話でした。

10話「ソラサキ応答無し」

実は9話.10話の先行上映会に参加してました。

10話が終わってから20回くらい「どうしてくれんだよ…」って一緒に行った人に呟いてたと思います。

最初に話した好きなキャラって相模 楓なんですけど、全12話通してモモに対して一番か二番目に態度の変化があったキャラだと思うんですよね。雪先輩とどっちかなくらい。

これを見るに自分が認めた相手や懐いた相手には口ではなんか言いながらも大幅な信頼を寄せる、そんなキャラだなって思いました。

そんな彼女の師匠でありルームシェアをしている八千代 命が内通者でした。

ぼくはなんだかんだゆるしちゃうふうがじゆうきままなめいにふりまわされてまんざらでもなさそうなかおをしているのをみるのがすきでした。かわいい。

当時は命楓タッグが一番好きだったんですけど、正直今師弟タッグで一番決めろって言われたら本当に難しい。

10話視聴後ぼく「…………………」 魂が半分くらい抜けてたと思います。

正直ショック過ぎてリリスパ見るのをやめるか一瞬悩みましたが、4話で結末を見届けると決めていたのでその選択肢は選びませんでした。

ただ、僕自身ハッピーエンドが好きなこともあり、見続ける以上はここからどう進めば最善の展開になるかを常に考えるようになりました。

命が二重スパイである可能性を1〜10話の中から探し続けるために見直す、そんな毎日でした。

8話でソラサキに残ることが決まった時にカトリーナさんが言った

「メイちゃんと私はこちらでやるべきことを〜」

ってセリフとか

初芽を海に落としたあと爆弾を投げ込むだけで生死確認をしないとか

10話終了時点で生死不明なメンバーが8話のソラサキお留守番メンバーだしそいつらの秘密計画で二重スパイなんじゃないかとか

とか本当に色々考えました。

あとEDの2番に

「鼻歌 聞こえて遠くなる 心配なんていらなかったね」

って歌詞があって、10話で命が鼻歌を歌いながら去っていったのを重ねるとあ〜〜〜〜〜ってなったのでそれに気付いてからはEDだけを信じてました。

ソラサキシティの歌詞とかも見てみるととてもソラサキのカオスを愛しているような奴が歌う歌詞じゃないと思ったのもデカいですね。

Hide&Seekは…神。

もし二重スパイじゃないとしたら、どうなれば一番いいか…。とかも考えたりしてました。

どんな形であれ楓と命が隣にいればいい。

みたいなサイコパスじみたことも考えてたんですが、それはなるべく考えないようにしていました。仮にそうなったとして俺の心が耐えられない。

11話と12話も先行上映会があって、それも参加したんですけど11話と12話の感想は明日書きます。眠気に勝てない。(AM02:30)

ではまた。